庭石の種類と魅力

庭石
庭石は、にわいし・ていせき、どちらの読み方でも正しいです。
庭石種類を問わず、日本庭園に欠かせない素材ですよね。
庭石は海外でも、ロックガーデンとして岩石を主役にした野趣のあるガーデニングとして使われています。
庭石は天然の岩石を加工せず、そのままガーデニングに組み込むのが日本の庭石の特徴です。
庭石種類は厳密な日本庭園の定義ではいろいろと難しくあるけれど、このブログ「庭石種類と組み方」では、どちらかというと個人のお庭のガーデニングで使う庭石について、書いていこうと思っています。
庭石を使ったガーデニングは、天然の庭石が自然の表情を豊かに伝えてくれます。
庭石も一抱えもある大きな庭石から、花壇の縁取りに使うような小さな庭石まで、大きさだけとってもさまざまな種類庭石があります。
庭石種類庭石の用途や岩石の種類によって分けられます。
庭石種類のうち、単に「庭石」といった場合は、その岩石ひとつでじゅうぶんに鑑賞の価値のある、大きくて存在感のある庭石のことをいいます。
庭石種類で「組石」は、2つ以上の庭石を組み合わせて使う庭石です。立石、伏石、平石、構石といった組み方、配置があります。
庭石の組石については、別の記事にてもう少し詳しくご紹介しますね。
庭石種類の「飛石」は、お庭の通路に配置する庭石で、表面が平らになっている石が道に沿って少し間を空けて並べられた庭石です。
庭石の飛石は、砂利を敷き詰めた通路や玄関のアプローチなんかに使われています。
庭石種類のうち沓脱石(くつぬぎいし)は、建物の入り口に置かれます。
庭石の沓脱石は、飛石からつなげて飛石のゴールみたいな感じで、ちょっと大きめの石を配置します。
庭石の中でも「石積」は、ガーデニングで作ったお庭の小山や傾斜が崩れないように支える庭石です。
庭石種類はだいたい、こんなところです。
それぞれの種類庭石については、次以降の記事で改めてご紹介しますね。