山の石、川の石、海の石

庭石はその産出場所により、さまざまな趣を楽しませてくれます。
庭石となる岩石が採石されるのは、主に3ヵ所。
山、川、海です。
これらの自然に磨かれた石が、それぞれの鉱物的特徴や風合いなどによって庭石になるのですね。
もうひとつ、人工岩石・合成岩石もありますが、それはまた別の記事にてご紹介したいと思います。
今回は山石、川石、海石について、特徴などを。

山石
山間部にて採石される岩石の総称。
山肌に露出していたり、岩石部分の地層を切り出して庭石に使用する。
地表に出ていた岩石には、苔やその他の植物の根、種子がはいりこんでいることも多い。
地下より切り出した岩石は、自然に風化したように表面に凹凸を加工する場合もある。
山石は庭石の中でも代表的なカテゴリの岩石といえる。

川石
川の流れに磨かれ、優しい丸みを帯びつつも多様な形状を見せる趣のある石。
それ一つで存在感を示す。
庭石に最適とされているが、現在では河川法により特別に許可なく河原から砂利類を採取してはいけないこととなった。
比較的弱い水流の影響を受けず摩耗が少ない「沢石」と、激しい水の流れに転がされ、摩耗や欠損が生じている「河石」に分けられる。
沢石は川の上流で多く見られ、河石は下流で散見される。
石手川石、佐治川石などが有名。

海石
海岸近くにあった岩石が海中に落下し、海の波に洗われて浸食を受けた岩石のこと。
海の波により表面に多様な変化がみられる。
川石に比べ、でこぼことした風合いが楽しめる。
貝やフジツボなどが付着していることもある。

以上、庭石として用いられる岩々の出身、生まれのご紹介でした。
山、川、海、それぞれに特徴と良さがあります。
ネット上でも写真付きで販売しているお店がけっこうありますので、まずはお部屋から庭石めぐりをしてみてはいかがでしょうか。